トップ > 弘前公園(弘前城史料館)

弘前公園(弘前城史料館)

弘前城天守閣(弘前城史料館)

弘前城天守閣

 津軽藩二代藩主信牧(のぶひら)が築いた天守は、本丸西南隅に建てられた五層のものでしたが、16年後の寛永4年(1627)落雷で焼失したと記録されています。
 この時、天守内にあった多くの宝物、古記録、武具が失われたと伝えられています。
 現在の天守は、九代藩主寧親(やすちか)が文化7年(1810)、天主櫓造営の目的で幕府の許可を得て建てられたものです。
 天守は、3重3階の独立天守で、白漆喰(しろしっくい)塗りとした破風(はふ)や懸魚(けぎょ)、切妻破風(きりづまはふ)を東・南面の1、2階に張り出し、二方正面の方式としています。

別名 高岡城、鷹岡城
形式 平山城
築城年 慶長16年(1611)
築城者 津軽為信・信牧
城主 津軽氏歴代
遺構 天守、櫓3棟、門5棟、石垣・土塁、濠、長勝寺構え、新寺構え
完成時  天守(5層)、櫓8棟、門10棟、本丸・二の丸・三の丸・四の丸、西の郭・北の郭