トップ > 弘前公園(本丸・北の郭有料区域)

弘前公園(弘前城史料館)

令和3年開園日

4月1日からは本丸(天守)・北の郭は有料となります。


 新型コロナウイルス感染拡大防止のため令和3年9月1日~9月30日の
間に閉園・閉館しておりました施設は令和3年10月1日より開園・開館いたします。
 施設に入られる際には、手指消毒・マスク着用・モニター検温など感染防止にご協力お願いいたします。
管理施設開館・閉館状況


行事予定とお知らせ



弘前城の「登城記念符」販売中!!

 各地で様々な「御城印」があり、弘前城でも「登城記念符」(1枚300円税込)として販売を しています。弘前城の登城記念符は、天守に入られた方が購入できる登城記念としています。
※登城記念の証であり、神社仏閣の御朱印とは異なります。

和暦表記の書置きで「年月日」のみ記載されており、登城日は各自でお記しいただくか、 ご希望者にはゴム印を用意しております。

※登城記念符は期間によって販売場所が変わります。
  4月 1日~11月23日…弘前城天守内

  4月 1日~ 3月31日…弘前城情報館



お支払い方法について

弘前城天守内ではこれまでの現金でのお支払いに加え、 下記のカード等のお支払いがご利用可能になりました。

弘前公園桜写真

お殿様お姫様衣装着付け体験

○ 2021年弘前公園さくらまつり写真館

↓写真まとめはコチラから↓

2021年弘前さくらまつり写真館

○ 2020年弘前公園紅葉情報

↓紅葉写真等はコチラから↓

弘前公園紅葉情報

曳屋動画公開中!

曳き屋パラパラ動画まとめ

動く!弘前城!

迫る!弘前城!


ジャッキアップ!弘前城!

実録!曳屋体験!

史跡
「津軽氏城跡 弘前城跡」について

 弘前城は、現在の弘前市における弘前公園がそれにあたり、津軽統一を成し遂げた津軽為信(ためのぶ)によって慶長8年(1603年)に計画され、 二代信枚(のぶひら)が慶長15年(1610年)、築城に着手し、翌16年に完成しました。
 以後、弘前城は津軽氏の居城として、廃藩に到るまでの260年間、津軽藩政の中心地として使用されました。

三重の濠(ほり)と6つの郭

 弘前城は、東西約600m、南北約1000m、面積約50haの中に、三重の濠(ほり)と土塁(どるい)に囲まれた6つの郭(くるわ)から構成されています。
 城内には、天守、櫓(やぐら)3棟、城門5棟がのこされ、いずれも重要文化財に指定されています。また、城跡は築城当初の形態が良くのこされており、昭和27年に国の史跡として指定を受けました。

園内の重要文化財

 弘前城 天守、二の丸辰巳櫓(たつみやぐら)、二の丸未申櫓(ひつじさるやぐら)、二の丸丑寅櫓(うしとらやぐら)、二の丸南門、二の丸東門、三の丸追手門(おうてもん)、三の丸東門、北の郭北門(亀甲門・かめのこもん)

弘前城(本丸・北の郭有料区域)

 
開設期間 4月1日~11月23日
11月24日より翌年3月31日まで有料区域が無料になり、
天守閣が閉館となります。
弘前城情報館・武徳殿休憩所は通年開館しております。
時間 9:00~17:00
さくらまつり期間(4月23日~5月5日)は7:00~21:00まで
休館日 期間中無休
交通

JR弘前駅からのバス

駒越経由藤代営業所行き 市役所前公園入り口
下車 徒歩10分

浜の町経由藤代営業所行き 文化センター前
下車 徒歩10分

中央高校前下車 徒歩10分

駐車場

弘前市役所駐車場(有料) 入口はこちら
弘前文化センター駐車場(有料) 入口はこちら 
弘前市立観光館駐車場(有料) 入口はこちら
連絡先 一般財団法人 弘前市みどりの協会
〒036-8356 青森県弘前市大字下白銀町1-1
TEL:0172-33-8733
FAX:0172-33-8799
弘前市公園緑地課
TEL:0172-33-8739