トップ > 藤田記念庭園 > 藤田謙一略歴

藤田記念庭園

藤田謙一略歴

藤田謙一明治6(1873)年~昭和21(1946)年。弘前市生まれ。実業家。勅選貴族院議員。
旧姓明石。5歳で親戚の藤田家の養子となる。
明治24年上京し、明治法律学校(現明治大学)に入学、熊野敏三法学博士の書生となる。
東京商工会議所会頭を経て、昭和3(1928)年日本商工会議所初代会頭に就任、日本屈指の財界人として活躍した。
藤田育英社の創設、弘前市公会堂の寄付など、多くの育英事業や寄付行為でも社会に貢献した。